自炊について(ときどき更新)

自炊は金が掛かるのか、お得なのか。つまらない議論だ。同じクオリティなら自炊が安い。同じメニューで同じクオリティの素材なら。

 

 

安く作れるかはまた知識の問題である。

貧困家庭の食事が糖質に偏りがちだというのは、まさしくそういう問題だ。

安く作るにあたって極めて安易な方法しか知らないので、栄養に問題のある方法でしか安く食事を準備できない。料理は知識と技術が必要な教養なのである。

教養とは教育であり、教育とは金である。

幾らかお金に余裕のある人の方が、節約メニューを作れるものなのだ。作る必要がなければ作らないだろうが。

 

健康への影響と価格のバランスを収入に応じてどうとっていくか。

価格差が味に如実に影響するものと、そうでもないもの。量を使うもの、使わないもの。見切り品でも問題ないもの、味の落ちるもの。

 

例えば

 バターとマーガリンは全く別のものなので妥協すべきではない。マーガリンはバターの代用にはならない。マーガリン使うくらいならレシピをあきらめたほうが良いだろう。中所得者以上におすすめなのが業務用のカルピスバターだ。またマーガリンはバターよりも体に良くないと言われる。しかしバターが体に良いということもない。

 醤油は妥協してもいいと思う。しかし使用量は煮物以外僅かだ。舐めて比べてみると、旨味が違うが、全くの別物という訳ではない。

 サラダ油は揚げ物をしない限り、平均大匙一杯もあれば足りるわけで、値上げに焦る必要はない。

 オリーブ油は料理好きあるいは中所得者以上のためのものだ。地中海系の料理には絶対に必要だし、エクストラバージンでなければならない。エクストラバージン以外は味も香りも全く劣るため使用する価値がない。オリーブ油の香りは開封すると急速に劣化するので、割高でもすぐに使いきれる量を買いたい。そういう意味でも中所得者向けである。

 料理酒は合成清酒でなければいいと思う。加塩されたものは酒税分安いが、塩加減が難しくなる。

 みりんは本みりんが良い。使用量も考えるとお金のかけどころか。

 酢。穀物酢でいい。種類によって味は全然違うが、美味い不味いではなく、赤味噌白味噌のように、別の種類の食べ物と考えるべき。

 塩はよほどこだわりがなければ一番安い奴で良い。カツオのたたきを塩で食べるときとか・・・。

 砂糖は安いもので良い。サラサラしたものが使いやすい。色がついてるものは舐めると確かに味が違うが、料理にするとあまり気にならない。こだわりによって使い分ける。

 トマト缶。実はけっこう味が違うが、安くても美味しい料理はできる。

 パン。本当にピンキリなのと味の好みがある。値段が値段なので妥協せざるを得ない。好みのパン屋が見つかるまで根気よく探そう。

 米。個人的にこだわりはない。外食するととても不味い米に当たることがあると思うが、中々一般のスーパーでそこまで不味い米もないと思うし、値の張るものなので、米好き度合いと財布の具合で判断されたい。

 パスタ。噛んだ時の味わいに明確な差がある。難しいのは見た目や原料で良し悪しを判別するのは不可能な点(乾麺にはデュラム小麦のセモリナ以外の原料はない。但しラザニアとかニョッキなどは副原料があります)。無数のメーカーとブランドがあり、食べてみないと分からないけど、バリラディ・チェコは間違いない。そしてちょっと高い。OKスーパーで安く売っているのでお勧めだが、ソース重視なら妥協してもいいかも(わたしはやだけど)。

 豚肉。アメリカ産と国産で味が違うかたいうと、正直低級品は変わらない。原産国の問題ではないが、臭みのあるなしはある。良いお店を見つけたい。

 鶏肉。国産しか買ったことがないが、国産の中でも、デパ地下の鶏肉専門店の肉はうまい。高いと言っても他のお肉と比べたら安いので、特別な日に買うのは良いかもしれない。

 羊肉。ほぼNZ産しか売ってない。

 牛肉。安い肉と高い肉は別の食べ物だが、一番高い肉よりA3~A4が一番おいしいのではないでしょうか。肉類は結構買う場所が大事で仕入れの良し悪しが出ます。

 魚。安い魚は旬で美味しい。見切り品は全くお勧めしない。特に買う場所が大事。

 缶詰。見切り品が一番おいしいそうですよ。

 ハムソーセージ類。肉と塩と香辛料(と砂糖)だけで作られたものが美味しいけど、原材料の種類が少なければ少ないほど高い。生ハムは豚肉と塩以外が入っているものは絶対オヌヌメしない。ソーセージはそうでなくても。

 赤い卵と白い卵。味は違うだろうか?基本腐らないので多めに買ってもおk。

 野菜。特に買う場所が大事。値段も違えば、鮮度もまるで違う。高級スーパーはさすがの鮮度だが、一般のスーパーに関して言えば高いからと言って良いものを売っているわけではない。

 紅茶。スーパーでは碌なものは手に入らない。ダージリンの香りは紳士の特権であり、本物はダージリンと銘打った安物とは全くことなる。

 緑茶。値段と味は比例する。イオンのトップバリュセレクト100g/¥698~が意外と美味しいと思う。イオン自体は嫌いだけれど。

 

 それぞれ高価な一級品があり、ここで述べたことは必ずしも中らない。個人の感想です。

 

同じ値段で何を買うか? -そもそも料理しない人の考えること-

 同じ500円でスタバに行くかスーパーに行くかをバーターにかけるのは論外として、値段を量との関係で考えるのか、それとも栄養価との関係で考えるのか、そこに大きな乖離があるように思う。

 袋麺にお湯を注いでふやかせば、150円でおなかは膨れるが、体は弱る(ビタミン類やたんぱく質がない)。3食で450円だ。

 450円あれば、同量程度の焼きそば(安物で3食分150円)に、キャベツ(50円)、豚肉(150g150円)、もやし(40円)、人参・ソース他(60円分)でなかなかの栄養価になる。肉が少ないと思うかもしれないが、肉類は1日当たり100gあれば栄養的には十分だろう。大体カップ麺には謎肉は20gも入っていない。

料理の楽しさ。お部屋探しからすべすべのお肌まで。

 私は料理が好きだ。*1ここでいう料理というのは切って煮て焼いて盛り付けるだけのことではない。献立を考えたり、材料を買い出しに行くことも含まれるが、それだけではない。お皿を洗うところまでがお料理ですとかそういうことでもない。私が楽しいと思うのは、生活の営みとしての一連の流れとしての料理で、設備投資に始まり、調理を通じて、技術を身につけて、知識を増やし、感覚を養い、健康を保つまでを含む料理に関する総合的な作業体系だ。

 

 料理の始まりはクックパッドを検索することではない。キッチンを用意することから始まる。機能に対して予算や職場までの距離、そのほか住環境との兼ね合いで、長期的な視野に立って物件探しをするところから、料理は始まっているのだ。できれば三口コンロがついているくらいのキッチンが、作業スペース的にも望ましいなどと考える。ちなみに単身向けでもURや住宅供給公社の物件は立派なキッチンが備わっていることが多い。L字が使いやすいとか、アイランドに憧れるとか、そういうのを考えるところから楽しい。

 

 冷蔵庫や電子レンジ、棚などの配置計画を立てることも必要だ。基本的な調理道具に加えて、付加的なもの(ホームベーカリーは?コーヒーメーカーは?)は何を導入するのか、何をどれくらい作って、何の作業を効率化したいのか費用とスペースを勘案して決めていく。「うんうん、うちのキッチンには過不足なく道具がそろっているぞ。」と思えると嬉しい。食器類を集めるのは勿論楽しいし、スポンジや洗剤、炊事手袋なんかも定番が見つかると嬉しい。

 

 献立というのも、今日何を作るかとか、一週間で食材を余さずに使うとか、栄養バランスとかだけでのことではない。調理に上達の楽しみがあるように、献立にも知識が増えて、発展させていく過程に楽しさがある。

 

 そういう知識は分析的な視点を与えてくれるので、食べるときの楽しみも増える。食べることは、味や香りを楽しむのと共に、どうしてこんな味がするのか考える楽しさもあるし、加えて自らの体を構築する楽しさもある。今のところ、私は痩せているし肌も奇麗だ。

 

 すべすべのお肌はお部屋探しから始まっているのだ。面白いではないか。

*1:とても上手だとは言わない

ZOZOMATで同じ足を違う性別として計測したら、違うサイズの靴を薦められ、外反母趾の蔓延を感じた

https://zozo.jp/zozomat/

 

 ご存じ、ZOZOMAT。スマホで専用のマットに乗せた足を撮影すると、寸法を計測でき、足に合う靴をお薦めしてくれるサービスである。

 靴の内寸に基づいて推奨するわけではなく、似たような足の人が好んだ靴を推奨してくれる。

 ではユニセックスのスニーカーはどうなるのだろうか。

 

 結果として同じ足でも0.5~1cmほど女性には小さめのサイズが推奨される。例として3つほど挙げる。私の足のサイズは25.0cmのDです。

(ブランド名、商品名、男サイズ、女サイズ、男相性度、女相性度)

 addidas STAN SMITH   26.0 25.0 90% 75%

 CONVERSE ALL STAR OX   26.0 25.5 88% 78%

 New Balance CM996    26.0 25.0 83% 87%

 

推奨サイズの近いALL STAR OXに対する前後サイズを含めた相性度は以下の通り。

25.0 男ー  女75%

25.5 男66% 女78%

26.0 男88% 女53%

26.5 男70% 女ー

同じ靴でも0.5cm以上の差があるようだ。ていうかオールスターの25.0なんて履けないぞ・・・。

 

使用した計測結果は以下の通り(いずれも左右平均)

・男性

 足長:24.95 足幅:9.95 足囲:23.55 かかと幅:6.4 足甲:5.95

・女性

 足長:25.2 足幅:9.9 足囲:23.65 かかと幅:6.35 足甲:6.2(右が妙に大きかったことから誤差と思われる)

・共通

 指先の形はエジプト型

 

 同じ足なのだから、合う靴は同じはずであるが、なぜ男性として登録するとスタンスミスの26.0がお薦めで、女性ならCM996の25.0なのか。1cmも違うサイズを履いたらキツキツぶかぶかになるはず。

 

 おそらく女性に外反母趾の傾向が強い*1からだろう。ドレッシーな革靴に限らず、ほぼすべての靴は先端に向かって細くなっている。本来先端の空間はお洒落ゾーンで、指を入れるために設けられた空間ではないが、外反母趾傾向の人であれば指先が入ってしまい、小さめの靴にフィット感を感じるのだろう。より悪化しそうだが。それが1cm分ということではないだろうか。

f:id:Atohs:20200328144103p:plain

 また、ZOZOMATのサンプルの偏りもあるかもしれない。ファッショニスタがサンプルに多く含まれるとすれば、お洒落は我慢の人も多く含まれているのかもしれない。

 

 逆に言えば、健康的な足の人にはZOZOMATの推奨サイズは小さく感じるかもしれない。私は外反母趾気味、小指は三角形。

 

 ちなみにどのみちスタンスミスが欲しかったのでお店で試して購入しました。素晴らしくフィットするわけではないが、26cmでちょうどいい。25.5は小指があたります。

 

25.0?冗談だろう?

*1:男性もなります

引っ越しの季節。もうテレワークでいいと多くの人が気付いただろうけど。

今週のお題「卒業」

 卒業といえばお引越し。自分には予定が無くても、春はお部屋探しをしたくなる。

以前、引っ越しで最も重視すべきは通勤時間であると言いました。

atohs.hatenadiary.jp

 今でもその考えに変わりはありませんが、スペックによる定量的な比較も面白いです。役に立つかは別の問題で、経済学とかスピリチュアルとかテレビドラマみたいなものだと思ってください

 で、その形而上経済学ドラマ風に物件を比較したときのエクセルを発掘しました。

f:id:Atohs:20200312231607p:plain

物件における精神性と費用の比較

 なにをしているかというとB/C(Benefit by Cost:費用対効果)分析をしています。Bは広さであったり日当たりや設備などの要素をポイント化したもので、Cは家賃・共益費や礼金、仲介手数料から家賃補助等を引いた2年間の総費用に加え「通勤による損失金額」を加えたものです。

 通勤による損失時間は片道の通勤時間(Door to door)から一定の分数を引いた時間の2倍に200をかけたものに、時間単価を掛けたもの。一定の分数は、最低限かかる通勤時間として控除する分数ですが、0でも良いです。ただし20分以上はNG。時間単価はあなたの年収(家賃補助除く)から換算してください。ただしこの損失額は、精神的な苦痛や決して戻らない時間の本質的重要性を無視した時は金なり方式です。通勤が20分増えるごとの精神的苦痛は失職の1/5にも匹敵するそうですよ。つまり100分通勤するなら辞めたほうがいい。

 

 このB/C分析の最大の問題はBが極めていい加減で、スピリチュアルの領域にあるところです。何に何点つけるかは、あなたの気分次第。温水洗浄便座に加点する人も、コンロの口数に加点する人も。職場以外への電車のアクセスは?スーパーへの距離は?コンビニは必要?商店街は?

 

 なので、甲乙付け難いときや、候補が多すぎるときの絞り込みに活用してください。

健康和え物 東アジア三種盛り

f:id:Atohs:20200127231400j:plain

 

 冷蔵庫が大きいから白菜を買った。そして健康的な和え物を作った。

 

和風 えのきの酒蒸し、梅和え。

 材料:えのきだけ一束、酒大匙1、梅干し1つ

 作り方:食べやすい長さに切って解したえのきを酒蒸しにする。梅肉を煮汁で伸ばしたもので和える。

 

中華風 白菜の甘酢和え

 材料:白菜1/4個、生姜適量、唐辛子(輪切りか糸)適量、酢大2、砂糖大1、ごま油大1

 作り方:白菜はそぎ切りにして茹でたあと、冷まして水けを絞る。生姜は千切りにする。全部混ぜる。

 

韓国風 コールラビのナムル

 材料:コールラビ1つ、韓国唐辛子、ごま油適量、塩少々

 作り方:コールラビは葉と茎を分ける。茎は厚く皮をむき、千切りに。葉は食べやすい長さに切って油で炒める。茎と炒めた葉を、その他の材料と和える。

 

冷蔵庫の選び方!(冷蔵庫を買い替えたの・・・うふふ)

 2010年に買った冷蔵庫(日立R-27ZS)は、あまり料理しない2人暮らしサイズ=割と料理する1人サイズくらいの、野菜室が真ん中にあること以外はこれといった特長もないローエンド製品で、容量的にも機能的にも物足りなかった。そこで正月休みにカタログとにらめっこして買い替えることにしたのがついに納品された。今すごく気分がいいです。

 

買い替え前と後 

f:id:Atohs:20200126132533j:plain

デコってた

f:id:Atohs:20200126134459j:plain

 定番サイズのようで、いまも同等品が売られている。

冷凍冷蔵庫 R-27KV : 冷蔵庫 : 日立の家電品

  ちなみにカタログスペック上の消費電力が一見全く同じだが、当時と今ではJISの測定基準が違うので実際には現行機は1割強ほど低いようだ。冷蔵庫レビューはそこら中にあるが、過去の機種と直接比較できるのはここだけ。単なるカタログ上の数値の比較ではなく、測定条件の違いを考慮して比較してくれているようだ。

ondankataisaku.env.go.jp

 で、買ったのがこちら。

f:id:Atohs:20200126142315j:plain

おおきい・・・

GR-R600FZ/GR-R550FZ/GR-R510FZ/GR-R460FZ|FZシリーズ|冷蔵庫|東芝ライフスタイル

 

 GR-R510FZである。選んだ決め手は真ん中が野菜室で、消費電力が全現行機種で最低であること。

 

 選ぶコツ、楽な選び方

 私が感じたのは、インターネットより紙のカタログで比較するのが一番楽だということ。なぜなら、紙の比較表の様式は各社共通で、末尾に掲載されていて、並べて見比べるのは容易だ。紙のカタログは家電量販店にある。

 ランキングやキュレーションサイトは見る必要はない。

 また、気になる機能でも、各社が共通して備えているもの(実際には多少違うのかもしれないが)は比較から除外できる。各社似たような機能に別の名称を付けるのが嫌らしいが、よく読めば同じような機能だとわかる。

 例えば、

・チルド室で肉や魚を長持ちさせる機能は各社備えている。

・急速冷凍機能も各社備えている。

・野菜が美味しく保存できる機能も各社備えている。

のようなことだ。これらを除外すれば各機種の独自性が見えてくる。人間はおおよそ7つ以上の項目を同時に検討するのは困難だそうだ。なお比較したのは、東芝、日立、パナソニック、三菱、シャープだ。

 

一人~二人暮らし×大型冷蔵庫のスバラシサ

 一人或いは二人暮らしなら小さめでもよいか?もしあなたが料理好きなら、それは絶対にない(勤め人で、子なしの前提です)。

総容量がまずをもって足りない

 実際問題、専業主婦(夫)と比べれば買い物に割ける時間は少ない。およそメーカー想定のファミリーなるものは、3~4人の共働きで料理は余力次第*1か、専業主婦を想定していて、頻繁に生鮮食品を買いに行く前提である。そういう前提での一人分は、本気の自炊での一人~二人暮らしにとっては半人前である。そういう一人分で冷蔵庫の容量を計算すると200ℓ台になるようだが、本当は週末に買いだめし、作り置きもしておきたいところ、週半ばでの息切れは必須である。最低350~400ℓは欲しいところだ。特にチルド室が不足しがちだ。

何なら機能も足りない

 容量が無くて単価も安ければ機能もない。それが資本主義だ。鮮度が一週間も持つわけがないから、冷凍のお肉を解凍することになるが、悲しみのドリップである。サラダは食べられない。しかしながら400ℓ以上の大型冷蔵庫にはいろいろな機能がついていて、一週間生鮮食品が持つという。そう、この機能がなければ大容量でも意味がないではないか。

パーチーしたい

 友達は少ないが、たまには呼びたい。一人でやる趣味ってそういうものだ。250ℓで腕前はともかくよりをかけて作るのはかなりエグい。前菜とか下ごしらえとか飲み物とか、どこに入れたらいいんだい?こういう時、冷凍庫は役に立たない。

atohs.hatenadiary.jp

 

できれば米も入れたい

 米は冷蔵したほうがいいし、粉ものや醤油なんかも入れておきたい。大容量で買ったほうが安いし、良く分からない調味料もついつい買ってしまう。邪魔だから玉ねぎもにんにくも入れたい。料理用のワインも入れたい。塩レモンも作ってみたいし、ジャムもピクルスも作りたいが日持ちするから無くならなくて容量を苛む。

 

ギリギリじゃ僕ダメなんだよ

 冷蔵室・野菜室の使用割合の目安は5割だそうだ。超えると消費電力が激増する。地球は大事だ。私は経済学士だ。今すぐ石炭火力から手を引こう。

www.nikkei.com

 ちなみに小型冷蔵庫と比べると、年間2~3千円違うものの、今後電気代が上がることを考えても、価格差的には取り返せないだろう。小型で詰め込む場合と大型で普通に詰めた場合とでは5,000円以上差が出るかもしれない。

 

で何リットルあればいいと思っているのか

 一人なら450ℓ、二人なら500ℓでは?機能的にも400ℓ台前半だと限られてくるのと、最も燃費のいいのがこのサイズ帯になる。料理を楽しむ機能としても高級ラインにせざるを得ないので15~20万円くらいするのではないか。350ℓクラスと比べると10万円高で、10年分の電気代含め5~7万円の価値があると思えば、検討すべし。

 

 

 

さいごに。警句の引用

テレビとコンピュータは君たちの友達じゃないことをよく覚えておくんだ。(中略)そういうものは君たちに、静かにそこに座ったままで下らないものを買い、ブラックジャックをするみたいに気軽に株式投資をやってもらうためにあるんだ。—カート・ヴォネガット

 

 

*1:共働きで料理もするデキる人もいます。そういう人にも通常の目安では不足するでしょう。

ピュアの森 春樹的解釈

 そういう名の水が売られていて、私に村上春樹的な文学的な問いを投げかけてくる。意味を純粋に解釈するならピュア、すなわち純粋さという概念で形成された森である。

 

純粋さの森

 

 春樹風に言えば顕れるイデアというところか。純粋さが林立しているのだ。遷ろうメタファーであると解釈するのは少し無理があるだろう。ピュアが何の比喩であるのか、純粋さの塊のようなものとすれば、ピュアの森とは幼稚園児の群れのようなものであると類推せざるを得ないが、これは水のイメージに全くふさわしくない。やはりこれはイデアの顕れを表現していると考えるのが妥当だ。概念そのものが漂う森なのだ。

 この世はイデアを映す影だという。この水もまた、イデアの影なのだ。群れを成す純粋さのイデアの影。どうだろう、美味そうだろうか?

f:id:Atohs:20200121194803j:plain

挿絵は草原である

 

 

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

  • 作者:村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/02/24
  • メディア: 単行本
 

 

 

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

  • 作者:村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/02/24
  • メディア: 単行本
 

 

ニルフガード・レモンⅡ

 

 

f:id:Atohs:20191230201145j:plain

before

f:id:Atohs:20200119211236j:plain

after


 年末につけたリモンチェッロ。いい感じに嫌な色に抽出出来たので、いよいよ砂糖水で割って完成だ。純粋なレモンの香りとアルコールの匂い。味は・・・このままでは飲めたものではない。舐めただけで口いっぱいに広がるヒート感とレモン。レモン風味のリステリンを最強にした感じが近いだろうか。こんなものを飲んで瞑想すると体力が回復なんて、流石はウィッチャーだ。

f:id:Atohs:20200119222648j:plain

あらふしぎ

 原液を砂糖水750g(濃度33%)で割ると白濁して完成形の色に。一週間寝かせると完成です。

f:id:Atohs:20200119224042j:plain

漂白済み無菌レモンピール

写真では今一つ伝わらないが、大分白くなったレモンの皮。水分が抜けてパリパリ。まだ何かに使える気がする。挽いて一味と混ぜる?

f:id:Atohs:20191230193325j:plain

漂白前

 全然分からない。写真は難しい。前から気になっていたけど、surfaceのカメラは室内で撮影するのに向いてない。さらに笊で濾したまま置いておいたら部屋にアルコール臭が充満。

 寝かせた後に、今度は冷凍庫に入れてトロリとしたのをストレートでキュッといくのが最高らしい。強いのに飲みやすくて危険と色々なところに書いてあるので、意中の人に飲ませるといいかもしれないし、裏目に出るかもしれない。

 

 私はお酒は飲まないわけだが。*1

 私にとってお酒とは、そう、ケンミンの焼きビーフンのようなものなのだ。稀に飲むとオイシイよ。毎日飲むとかなり飽きる。

*1:飲めるけど飲まない