自炊について(ときどき更新)

自炊は金が掛かるのか、お得なのか。つまらない議論だ。同じクオリティなら自炊が安い。同じメニューで同じクオリティの素材なら。

 

 

安く作れるかはまた知識の問題である。

貧困家庭の食事が糖質に偏りがちだというのは、まさしくそういう問題だ。

安く作るにあたって極めて安易な方法しか知らないので、栄養に問題のある方法でしか安く食事を準備できない。料理は知識と技術が必要な教養なのである。

教養とは教育であり、教育とは金である。

幾らかお金に余裕のある人の方が、節約メニューを作れるものなのだ。作る必要がなければ作らないだろうが。

 

健康への影響と価格のバランスを収入に応じてどうとっていくか。

価格差が味に如実に影響するものと、そうでもないもの。量を使うもの、使わないもの。見切り品でも問題ないもの、味の落ちるもの。

 

例えば

 バターとマーガリンは全く別のものなので妥協すべきではない。マーガリンはバターの代用にはならない。マーガリン使うくらいならレシピをあきらめたほうが良いだろう。中所得者以上におすすめなのが業務用のカルピスバターだ。またマーガリンはバターよりも体に良くないと言われる。しかしバターが体に良いということもない。

 醤油は妥協してもいいと思う。しかし使用量は煮物以外僅かだ。舐めて比べてみると、旨味が違うが、全くの別物という訳ではない。

 サラダ油は揚げ物をしない限り、平均大匙一杯もあれば足りるわけで、値上げに焦る必要はない。

 オリーブ油は料理好きあるいは中所得者以上のためのものだ。地中海系の料理には絶対に必要だし、エクストラバージンでなければならない。エクストラバージン以外は味も香りも全く劣るため使用する価値がない。オリーブ油の香りは開封すると急速に劣化するので、割高でもすぐに使いきれる量を買いたい。そういう意味でも中所得者向けである。

 料理酒は合成清酒でなければいいと思う。加塩されたものは酒税分安いが、塩加減が難しくなる。

 みりんは本みりんが良い。使用量も考えるとお金のかけどころか。

 酢。穀物酢でいい。種類によって味は全然違うが、美味い不味いではなく、赤味噌白味噌のように、別の種類の食べ物と考えるべき。

 塩はよほどこだわりがなければ一番安い奴で良い。カツオのたたきを塩で食べるときとか・・・。

 砂糖は安いもので良い。サラサラしたものが使いやすい。色がついてるものは舐めると確かに味が違うが、料理にするとあまり気にならない。こだわりによって使い分ける。

 トマト缶。実はけっこう味が違うが、安くても美味しい料理はできる。

 パン。本当にピンキリなのと味の好みがある。値段が値段なので妥協せざるを得ない。好みのパン屋が見つかるまで根気よく探そう。自分で焼くと粉とイースト代だけで安くて美味しくできるが、オーブンがいるので結局所得がいる。

 米。個人的にこだわりはない。外食するととても不味い米に当たることがあると思うが、中々一般のスーパーでそこまで不味い米もないと思うし、値の張るものなので、米好き度合いと財布の具合で判断されたい。

 パスタ。噛んだ時の味わいに明確な差がある。難しいのは見た目や原料で良し悪しを判別するのは不可能な点(乾麺にはデュラム小麦のセモリナ以外の原料はない。但しラザニアとかニョッキなどは副原料があります)。無数のメーカーとブランドがあり、食べてみないと分からないけど、バリラディ・チェコは間違いない。そしてちょっと高い。OKスーパーで安く売っているのでお勧めだが、ソース重視なら妥協してもいいかも(わたしはやだけど)。

 豚肉。アメリカ産と国産で味が違うかたいうと、正直低級品は変わらない。原産国の問題ではないが、臭みのあるなしはある。良いお店を見つけたい。

 鶏肉。国産しか買ったことがないが、国産の中でも、デパ地下の鶏肉専門店の肉はうまい。高いと言っても他のお肉と比べたら安いので、特別な日に買うのは良いかもしれない。

 羊肉。ほぼNZ産しか売ってない。ライフのサフォーククロスラムというのは美味しいです。

 牛肉。安い肉と高い肉は別の食べ物だが、一番高い肉よりA3~A4が一番おいしいのではないでしょうか。肉類は結構買う場所が大事で仕入れの良し悪しが出ます。

 魚。安い魚は旬で美味しい。見切り品は全くお勧めしない。特に買う場所が大事。

 缶詰。見切り品が一番おいしいそうですよ。

 ハムソーセージ類。肉と塩と香辛料(と砂糖)だけで作られたものが美味しいけど、原材料の種類が少なければ少ないほど高い。生ハムは豚肉と塩以外が入っているものは絶対オヌヌメしない。ソーセージはそうでなくても。

 赤い卵と白い卵。味は違うだろうか?基本腐らないので多めに買ってもおk。

 野菜。特に買う場所が大事。値段も違えば、鮮度もまるで違う。高級スーパーはさすがの鮮度だが、一般のスーパーに関して言えば高いからと言って良いものを売っているわけではない。

 紅茶。スーパーでは碌なものは手に入らない。ダージリンの香りは紳士の特権であり、本物はダージリンと銘打った安物とは全く異なる。

 緑茶。値段と味は比例する。イオンのトップバリュセレクト100g/¥698~が意外と美味しいと思う。イオン自体は嫌いだけれど。

 

 それぞれ高価な一級品があり、ここで述べたことは必ずしも中らない。個人の感想です。

 

同じ値段で何を買うか? -そもそも料理しない人の考えること-

 同じ500円でスタバに行くかスーパーに行くかをバーターにかけるのは論外として、値段を量との関係で考えるのか、それとも栄養価との関係で考えるのか、そこに大きな乖離があるように思う。

 袋麺にお湯を注いでふやかせば、150円でおなかは膨れるが、体は弱る(ビタミン類やたんぱく質がない)。3食で450円だ。

 450円あれば、同量程度の焼きそば(安物で3食分150円)に、キャベツ(50円)、豚肉(150g150円)、もやし(40円)、人参・ソース他(60円分)でなかなかの栄養価になる。肉が少ないと思うかもしれないが、肉類は1日当たり100gあれば栄養的には十分だろう。大体カップ麺には謎肉は20gも入っていない。

電力料金を比較してみた(エクセルで簡単)

 電力会社を変えると電気代が安くなるらしいということは知っていたが、手は付けてこなかった。携帯は格安に変えていたのに。最近ようやく重い腰を上げて、変えてみることにした。

 検討したことのある人はすでにご存じかと思うが、エネチェンジとか価格ドットコムとかの比較サイトがあって、キャッシュバック特典などを得ることができるところまでは、誰もがすぐにたどり着けると思う。仕組みはネット回線とかと同じだ。

 比較サイトでは先月の使用量を入力すると標準的な年間使用量から安い電力会社をランキング形式で出してくれる。月ごと12か月分入力することもできる。

 ただ私の場合、冬は暖房にガスを使っているので標準的な使用量と合わないし、年ごとに電気代も結構変わる気がしたので、自分の過去2年分の使用量を、各社の料金表に適用して比較することにした。

 

 ちなみに頑張って精度を挙げて比較してみたものの、以下の3点から、あまり頑張って比較するよりは、とりあえずエネチェンジで安く出たところに変えてしまうのが最も合理的だと思う。

・どこだろうが東電よりは安い。損はしないのだからさっさとやる。

・電気代そのものよりは、キャッシュバックと、セット割りの差が大きい。だから複雑なプランのことはあまり考える必要はない。

・手続き簡単

 

 それでも少しでも抑えたいとか、大電力を消費するとかならエクセルで試算する価値はあると思う。年間数千円とか1万円くらい安くなるかもしれない。

f:id:Atohs:20210928224655j:plain

ほんとは色なんか付けませんよ

 各社の算出式は基本同じなので1セル入力すればあとはガーっとドラッグすればいい。基本料と120kwhまでの単価、120~300kwhまでの単価、300kwh以上の単価が設定されている。

 

ここにB7セルの数式貼っておきますね。( ˘ω˘ )

=B$2+120*B$3+IF($I7>300,180*B$4,($I7-120)*B$4)+IF($I7>300,($I7-300)*B$5,0)

 

 なお、燃料調整費と再エネ賦課金はどこの会社でも同じなので計算しない。

 各月の使用量は東電のwebサイトで過去二年分が確認できた。料金表も各社のwebサイトで。これは手入力。定額プランもわずかながらあるが、これはもっと簡単で糞高い。

 どこの会社で計算するかはエネチェンジでとりあえず今月の使用量から出たランキング上位数社でいいと思う。ちなみに時間帯別プランとかもあるが何時にどれだけ使ったかなんて知る由もない。

 

 やってみて思ったのは、大手キャリアから格安SIMにするみたいに毎月何千円も安くなるなんてインパクトはないので、皆の口に上らないのも納得だなという。

 ガスはもっと差がなさそうなのでやる気なくなってます。

年金(企業型確定拠出年金、ideco)をデータから考察する

 ここ数年株式市場が好調で、自分も仕事辞めて一旦落ち着いて生き方を考える時間を、モラトリアムを・・・なんて浮足立っている人も多いのではないでしょうか?まあ私のことなんですが。

 

人生の夏休み

 

金利生活

 

なんて甘美な響きでしょう・・・。w

 

 別段株で大儲けしたわけではないのですが、市場に連動して確定拠出型年金も当然好調でして、仮に年利20%で年金を毎月2万7500円を積み立てていくと退職する頃には数億円になるわけだから、退職するまで生活できればそんなに働かなくても・・・なんてね夢を見てしまうわけです。年率20%が続くなんて夢物語ですが、でもでもここ数年の調子なら年利20%も楽勝という危険な気分になっています。

 

※この記事は貴方個人に投資を薦めるものではありません。社会的な関心を綴ったものです。

 

 そんな今日この頃ですが、先日、社員の皆さんの確定拠出年金の運用状況みたいなのが社内メールで流れてきまして、同僚たちの運用状況を垣間見る機会がありました。脳死MSCIコクサイに全額投入している私は圧勝ムードで、退職間際の人以外はみんなもそうしていると思い込んでいたのですが、蓋を開けばと随分と夢の無い評価損益率の人の多いこと。それに損益が二極化しているようです。(ワガシャの状況は後日考察予定)

 そこで世間の人はどうやって運用しているんだろうと気になって、ちょっと調べてみました。

 

分析対象(2020.3時点のデータです)

www.pfa.or.jp

 

前提、私の認識

・確定拠出型年金の仕組みは知っている。

・株価は変動が激しいが、預金や債券より収益率が良い。

・例えばS&P500指数はリーマンショック直後でも過去25年間の年平均投資収益率は10%以上で、長期的に株が下がったことは歴史上ない。

・そういうことで株式市場は長期的には安定成長し、かつ他の投資より収益がい良いことが分かっているので、それを利用した仕組みとして確定拠出型年金はアメリカで1978年に誕生し、世界に広まった。

・ということで基本的には株式で運用するもの。

確定拠出型年金のメリットとして所得税・住民税等の繰り延べがあるが、その本質は積み立ての原資を非課税所得にできることではないだろうか。

 仮に1万円積み立てるとすると、普通に積み立てる場合、税率が20%なら額面1万2500円を稼ぎ、課税後手取りの1万円を投資することになる。一方で確定拠出型年金であれば課税が繰り延べられるので稼いだ1万2500円のうち1万円が非課税のまま投資でき、2500円に対してのみ課税され2000円の手取りとなるので2000円を別の投資に投入することができ、計1万2000円を投資できる。積立NISA等を活用すれば、負担なく1.2倍近く積立額を増やせるはずである。これは無利子で2000円借りているのと同じではないだろうか。これは一般的な課税繰り延べの効果であるが、なんか無視されている気がする。

※計算を簡単にするために1万円が上限額と仮定。

 

 

 

素人ながら読み取れたこと

 企業型

・加入者と運用指図者は合計7,466,637人。これは確定拠出型年金全体の約75%。(内、10代0.6%、20代17.5%、30代24.4%、40代30.3%、50代24.0%、60代以降4.63% 男76.1%女23.9%)

・20代以下の人は運用額が30代の5分の1しかない。

・10代と20代、60代は預貯金が30~40代より10%高い。

・10代だけ突出してバランス型投信が多い(多分よくわかってないから響きで)。

・保険商品が年齢とともに好きになる。特に60代は保険大好き。(20代と比べ10%多い)

・30代40代で構成が似ていて、投信をもっとも好む。

・60代以降では投信の組み入れが減るが国内株式は減らさない。

・10~50代まで国内債券の比率は一定

・債権は全体に少ない。国内外合わせて約10%

・待機資金は少ないが最大の10代で0.9%ある

・国内株式を除いてパッシブ型が好まれ、76.6~87.5%を占める。国内株式はパッシブ型53.7%(国内株式はアクティブ型のほうが成績が良い商品があるためと思われる)。債権はよりパッシブ型が好まれる。

・元本確保型のみで運用しているものが34.1%。

 

 個人型 

・加入者と運用指図者は合計2,200,523人。これは確定拠出型年金全体の約25%(10代0.0%、20代5.8%、30代21.8%、40代35.8%、50代31.6%、60~4.97%)

・運用指図者が多い(ただし加入者の伸びが大きい)

・若年層が少ない(所得がないと始められないし、自主性に任せられている。10代加入者は187人資産額は全員で627万円。会社を退職したのかもしれない。)

・50代、60代は預貯金が30~40代より10%高い

・10代だけ突出して預貯金とバランス型投信が多い(やはり退職した人たちということか)。

・保険商品の伸び率が預貯金より高い(20代から60代で+20)

・国内株式、国内外債権投信の割合は年齢とあまり関係がない

・外国株式・バランス型投信の割合は年齢とともに下がる

・債権投信は全体に少ない(約9%)。

・待機資金は少ないが最大の20代で1.6%ある

・国内株式とバランス型を除いてパッシブ型が好まれ、76.1~80.8%を占める。国内株式とバランス型はそれぞれパッシブ型54.1%と52.8%(国内株式はアクティブ型のほうが成績が良いためと思われる)外国株式は最もパッシブ型が好まれる。

・全ての類型で年齢とともにアクティブ型の比率が上がる。

・10代はパッシブ比率が群を抜いて高い(10代は80~90%、他は40~90%)

 

共通

・企業型と個人型では、若年層において個人型がよりパッシブを好むが、年代が上がるとともに傾向が逆転する。特に国内外債権とバランス型で顕著。

・人数は企業型が多いが、伸びは個人型が上。

・コロナショックの影響は否めない。

・性差は性別ごとの年齢別データになっていないので不明。

MMFを買うものは居ない。

 

感想

面白いと思ったこと

・個人型は自主的に情報を集めて加入した人が多いと思われ、若年層ほどリターンの大きい株式を多く組み入れ、外国株式を国内株式よりも選好する傾向が強い。年代が上がるにつれ元本確保型の資産比率が奇麗に上昇していく傾向がある。企業型ではその傾向が弱く、勧められたので加入したが良く分からないので何となく選んでいる人が多いものと思われる。

・元本確保型商品においても、個人型で企業型より高齢者の保険組み入れ率が高く預貯金が低いのも、自ら調べて加入した割合が高いためと思われる。

・個人型の加入者187人のうちの数人は大儲けしたユーチューバーか何かかも知れない。

・企業型でも個人型でも国内株式の割合は年齢によらず一定なことは、高齢になるほど不合理な選択をする傾向を示しているように見える。

・結構パッシブ型が優れていることは広まっているようだ。

・受動的に加入した企業型でパッシブの比率が年齢の影響を受けないのは、年齢層による知識の差があまりないことを意味しているのかもしれない。

 
残念に思ったこと

・預貯金などという、説明するまでもなく恐ろしく無意味どころか有害な商品を多くの人が運用していること。ローリスクマイナスリターン。

・やっぱり元本確保型だけで運用している人が沢山いること。

・仕組み上、最初に多く積み立てる方が、退職間際に積み立てるより効果が大きいが、やはりお金がない20代の金額は小さい。

・アクティブファンドを買っちゃう人が沢山いる。バランス型のアクティブファンドって・・・。

 

不思議なこと

・敢えて若いうちに債権を買った人は、バランス型を買うより債権と株式を自分で混ぜたほうが信託報酬が安いと考えたのかもしれないが、そんな知識があってなぜ株式だけにしないのか。長期投資自体が十分なリスク分散なのに、リターンを下げる意味は何だろうか。債権に長期投資することはリスクの低下になるのか?

・個人型に限って、全ての投信の類型で年齢とともにアクティブ型の比率が上がっているが、どのような理由だろうか。窓口で勧誘されて騙されて購入している疑いが払しょくできない。なお、企業型の場合は個人に対して営業する機会がなく、手続きはネット。

・国内株式の比率だけが年齢の影響を受けないのは、やはり何かの信仰だろうか。信仰の介入は自然科学にとって有害である。金融は数学である。

 

考察

・証券会社は市場の伸びが大きい個人型で信託報酬の高いバランス型を買わせる営業を今後進めていくだろう(小並感)。

・海外株式の比率が他の投信よりも年齢とともに大きさがるのは、国内株式よりもハイリスクハイリターンですよっていう説明を鵜吞みにしている人が多いことの証左と思われる。

・元本確保型やバランス型という語感のいいものに運用が偏るのは、選択肢が多すぎるのが原因かもしれない。

 

提言

①おかねもちのおじいちゃんおばあちゃんは孫にideco代を払ってあげたらどうですか。

②そもそも歴史的にどういう経緯で生み出された制度なのか教育したほうが良い。

③将来は不安だけど、今は稼ぎのある人こそ始めたらどうだろうか。

 

一人で、子供と、お客さんにも お茶淹れる時に何か入れよう

今週のお題「好きなお茶」

 

 およそ○○茶とか○○ティーとか付けばなんでも好きな私であるが、淹れる過程が楽しいのは、茶葉に自分で何かを加える時。

 

 例えば今の季節なら剝いた後の桃の皮。桃の皮はジャムの香りづけにも使える。捨てないで。冷凍できる。

 リンゴの皮もいい。お庭のキンモクセイもいい。

 ドライハーブもいい。緑茶ならスペアミントがおすすめ。ペパーミントじゃないよ。

 

 レモンの蕾を入れたこともある。

cookpad.com

開封後はお早めに問題 ソース・ケチャップ編

 開封しない限り、一年間は美味しさが約束されるソース類も開けてしまえば早く食べなければいけないらしい。冷蔵庫内で結構な時間がた経っても腐敗した様子は見られないし、糖度や塩分濃度も高いのでそれなりに持つのだろうが、実際のところいつまで安全なのかは不明だ。そんなにたくさん使うものでもないのでいつも開封には慎重になる。

 そんなもやもやを幾星霜。ある日トンカツ弁当を食べたとき、個包装のソースが添付されていることに気付いた。これを買うことはできないのだろうか。

 そこでスーパーを覗いてみると12g*10袋のケチャップが売っていたが、チキンライス作りには何だか割高だし、ちょっとホットドッグ作ってみたりポテトかなんかにつけるのには多すぎる気がする。ポテトにはつけない派だけど。アマゾンでも割高なようだ。

 

 そういう時はヨドバシドットコムである。ちょうどよいものがあるではないか。

・カゴメ トマトケチャップ ミニパック

・カゴメ ウスターソース ミニパック

 しかもスーパーよりずいぶんお安く、一袋の量も少なめなのが良い。これでもうケチャップ開封しちゃったからがんばってチキンライスを製造し続ける必要もなくなるのである。

f:id:Atohs:20210911153725j:plain

どちらも8g*40袋入りでソース190円、ケチャップ310円

 普段からアマゾンを見るときはヨドバシも覗いて損はない。

味覚障害の話(実際どんな感じがするのか?)

 大好きなハーゲンダッツも、ただの冷たく固まった油に。

 

※本記事は新型コロナウイルス感染症の後遺症としての味覚障害について記載したものではありません。

新型コロナウイルスおよび新型コロナウイルス感染症による症状については、厚生労働省のウェブサイト等公的機関の発する情報を参照してください。他の情報はまあ滓みたいなもんです。

 

 私の勤め先でも職域接種が来月上旬に実施される。勤め先は従業員1000人以上なのでグループ単独で実施するが、単独で実施できない中小企業が、複数合同してすでに打ち始めていたりと、逆に一歩遅くなっている。とはいえ自治体の接種を待っていると8月になる。混んでいたら9月だ。ちなみにコロナ差別とかワクハラとかは全くない会社です。まあまあ教養のある人が多くてよかった。

 そんなことで、ふと味覚障害になった頃のことを思い出した。

 

 

味覚障害になった時の食べ物ってどんな感じ?

 さて、新型コロナウイルスがこの世に生まれる前、私は胃腸風邪を引き、その時に一時的に味覚障害になった。一か月以上、香りは分かるが味が何も分からなくなった。

 何の味も分からないので、食べ物は温冷と食感と匂いだけになる。味も分からないのに、今日は味するかな?と思って色々作って食べたので、思い出して書いてみる。

 新型コロナウイルス感染症の後遺症患者で味覚障害になった人が実際にどう感じているかは分からないが、QOLが暴落するということを想像する助けにはなると思う。

 

カレーの場合

 例えばカレーの場合。カレーの匂いのする暖かくてドロッとした油まじりの液体である。水溶き片栗粉に油を混ぜてカレー粉を投入すれば近いものが再現できるだろう。油入り味なしの餡のカレー風味。ドロッとしたラーメンスープの味なしバージョン。まじで気持ち悪い。

 

粥の場合

 これはマシな方で、どんな粥も白粥になるだけ。ただしお米のほんのり甘い感じはなし。

 

ガムの場合

 簡単に予想できるが、初めから噛み終わったガムである。タイムスリップガムと名付ける。味はしないがミント臭とスースーした感じはするのでオススメ。

 

うどん・そばの場合

 茹でたそばを白湯につけた感じ。そばなら香りはある。

 

トンカツの場合

 スープを取った後のカスカスの鶏むね肉(鶏むね肉でスープなんか取らないけど)に、下味をつけないで衣をつけてカリカリにした失敗作。モキュモキュとしている。

 

プッタネスカ※の場合

 ニンニクやトマト、バジル、オレガノの香りはすれど味はしないので、つゆなし冷や麦をイタリア料理店の換気扇の前で啜る感じ。一番好きなパスタだったのに。

※アンチョビ・オリーブ・ナス・ケイパー・バジルなどの入ったトマト系のパスタ。

 

ハーゲンダッツのアイスクリーム

 冷蔵庫の中で冷たく固まった油の塊をダイレクトに舐める感じ。地獄の味がする。ステーキの脂身が冷蔵庫で冷えてるやつとか。

 

チョコレート

 上に同じ。匂いはする。

 

ハーブティー

 オススメ。いい香り。むしろ独特の味が無くて香りだけになって新しい。

 

まとめ

 油分の多いものは禁忌。粘性の高いものは特に気持ち悪い。栄養のためだからと一食分食べると気分が悪くなります。

 あえてメリットを考えると、塩は入れる意味がないので入れなくなるし、良薬も口に苦くなくなるので、生活習慣病患者にはある意味健康にいいかも知れないが、生活は保障されるが楽しみの無い灰色の社会を舞台にしたディストピア小説のような暮らしになる。

 新型コロナウイルス感染症の場合は味覚障害の他にもいろいろな後遺症が残る場合があり、それらが合わさった実際の感覚は分からないが、苦しいであるということの想像はつく。私自身は重症化のリスクは少ない類型に入るが、それでもやはり発症したくないと思う。

ギギ・アンダルシアがタラップを降りるシーンの切り絵

f:id:Atohs:20210619212944j:plain



閃光のハサウェイを見ました。まさに本格SF映画という感じ。

スパイ映画テイストも出ているし、随所に実写映画のテイストを盛り込んでいて、ハリウッド的な王道に寄せているので誰が見ても面白い仕上がりになっているかと。

 

この記事が一番参考になるかも。

akiba-souken.com

 

マッチングアプリのコスパっていかがなもの

コスパって

  成果が出なけりゃ

      測れない

 

一向に上手くいかない人にとっては大体こんなところではないでしょうか?

 

 B/C = #DIV/0!

 

B/Cはビーバイシーと読み、費用対効果のことです。正確には費用一単位当たりの効果のことです。コスパです。

BはBenefitつまり利益を指し、/は除算記号で、CはCostつまり費用を指します。

#DIV/0!はExcel上で誤って何かを0を割ってしまったときに表示されるエラーコードです。

DIVはdivideです。数学上の定義により計算できないということです。 

 

つまりコスパの善し悪しは何らかの成果が上がらないと評価できないというわけです。

個人的な体験に基づいた評価とはこんなものです。

ですから、ネットの記事とかはあまり参考にはならないのではないでしょうか。

 

Hint:この問題は統計的に十分なサンプル数を集めることで解消できます。

 

今週のお題「575」